入塾の流れ

小学1〜3年生

中学受験をお考えの場合, 純粋に勉強を楽しませたい方

まず、クラス学習を進めていくための準備として九九を覚えましょう。クラスでは、洛南学舎のオリジナルテキストを使い、学年を気にしない幅の広い算数の学習に取り組みます。
入塾・クラス編成テストはありません。授業体験と面談による入塾相談を行います。

小学4年生

入塾に際して、クラス編成テストを受けます。(※ご希望に応じて、個別指導と併用でスタートする場合もあります。)
クラスに入る前に授業体験もできますので、お問い合わせください。
小学4年生までは、受験する予定の子もそうでない子も、週2日のクラス授業で算数(2コマ)、国語、理科を学びます。
どの教科も受験対応のテキストで授業を進めて行きます。

「クラス編成テスト」って?

よく、「このテストに受けらないと洛南学舎には入れないの?」と聞かれますが、そうではありません。入塾後のコースを一緒に考えさせていただく際に参考にするためのテストです。目標に向けて、無理なスタートをしても学習が上滑りしてしまっては意味がありません。そういった状態にならないようにするためのテストです。「何かが決まってしまうテスト」ではなく、「決めていくためのテスト」と考えて下さい。

クラス授業とは別に、個別指導必要なの?

クラス授業と別に、クラスで扱えないようなレベルの高い内容が必要な場合(中学入試で洛南・洛星などのレベル)は個別指導を併せて受講して頂くよう勧めています。他には、個人的に極端に苦手な教科があったり、学校が私立で進度が特殊であったりなど、個々の状況に応じてクラスと個別指導の両方を上手く組み合わせて受講している生徒も沢山います。必要に応じて、様々な形を創ることが可能です。遠慮なくご相談ください。

小学5〜6年生

入塾に際して、クラス編成テストを受けます。授業体験もできます。その後、クラス入りとなります。(個別指導と併用でスタートする場合もあります。)
受験を見据えてらっしゃる場合は、志望校などもお伺いして、コース選択や学習の進め方なども併せて相談します。

公立中学へ進学希望の方

公立中学進学コースは、週2日の塾通いで、学年通りの算数、国語と少し先取りの算数・数学、そして英語に早くから取り組みます。
受験をするコースとは完全に別クラスで、少しゆとりを持って先取り学習を進めます。
中には、受験用コースに在籍しながら中学受験をせずに地元公立中学に進学する生徒もいます。

洛南附中受験志望の方

Sコース+個別指導の算数・理科をお勧めしています。
洛南レベルの入試問題は、じっくり取り組み、そのレベルの問題に慣れる必要がありますので、早い段階で準備を始めることをお勧めしています。
五ッ木駸々堂模試で偏差値70以上を目指します。

小学生クラスの「Sコース」「Eコース」「Aコース」って?

Sコース・・・洛南・洛星・同志社・立命館など難関私学・国公立受験用コース
Eコース・・・中堅の中学受験対応のコース。一貫校の内部進学の準備をする生徒も多数在籍。 また、このコースには中学受験はしないけれど高校入試で洛南・堀川・西京・嵯峨野等を目指すという生徒も多数在籍。
Aコース・・・公立中学進学を決めている子のコース。高校ではトップ校を目指します!中学入試はしないけれど、高校からは洛南・堀川・西京・嵯峨野を目指したい、その準備を今から始めるならこのコース!

詳しくは、コース説明をご覧ください。

難関私立受験志望の方

同志社・立命館など五ッ木駸々堂模試で偏差値60を超える学校の受験は、個人差はありますが少なくとも2年、出来れば3年の受験準備期間が欲しいところです。学校の勉強とは違う、いわゆる中学受験用の勉強をする期間です。

スーパー公立(中高一貫)受験志望の方

中学入試用の勉強を4・5年から始めて、6年では難関私立向けの学習プラス西京・洛北の過去問やそれに準ずる問題の演習が必要です。
6Sコースをベースに、個別指導を併用する生徒も多いです。

中学1年生

クラス編成テストを受けてから入塾となります。授業体験もできます。(個別指導と併用でスタートする場合もあります。)他学年と違い、小学部から継続している生徒を中心にSコース、3月からの新入塾生を中心にEコースで学年をスタートします。(小学部から在籍の生徒は既修範囲が広いため。)
6月末にクラス編成テストを行い、その結果をもとにクラスを再編成し、夏期講習から本格的にS・Eコースに分かれて学習を進めて行きます。

中学2年生

入塾に際して、クラス編成テストを受けます。授業体験もできます。その後、クラス入りとなります。(個別指導と併用でスタートする場合もあります。)
志望校、学校の成績、模試の成績なども参考にして入塾して頂くクラスを一緒に考えます。

中学3年生

洛南高校・スーパー公立高校受験志望の方

入塾の際、クラス編成テストを受けて頂きます。授業体験もできます。その後、クラス入りとなります。(個別指導と併用でスタートする場合もあります。)
学校の成績、あれば模試の成績なども参考にしてSコースを中心とした学習プログラムを考えます。
夏期講習までに中学の範囲を終え、夏期講習以降の授業では全国のトップレベルの高校入試問題の演習を中心に学習を進めます。
洛南・堀川・嵯峨野・西京・桃山(自)などを視野に入れている生徒が多いです。

中堅名門私立・公立受験志望の方

入塾の際、クラス編成テストを受けて頂きます。授業体験もできます。その後、クラス入りとなります。(個別指導と併用でスタートする場合もあります。)
学校の成績、あれば模試の成績なども参考にしてEコースを中心とした学習プログラムを考えます。
11月を目途に中学範囲の学習を終え、入試問題演習に入っていきます。
鳥羽(グ・普)・桃山(普)・京女・名門私立特進コース・公立高校普通科などを視野に入れている生徒が多いです。

高校1〜3年生

入塾に関して、テストなどはありません。開講している講座の授業体験をし、クラス授業受講の申し込みをするか、自分に必要な教科の個別指導を受講するかを決めて頂いてます。
クラスに関しては、学年をあまり気にせず、自分に必要な講座を受講して頂けるシステムになっています。

TOP