志望校合格に向けて

「いつから受験対策をしたほうがいいの?」「今何をすればいいの?」とお悩みのみなさんへ。
洛南学舎の中学・高校入試に向けた学習目安をお教えします!

中学入試に向けて

小1〜3

まずは九九を覚えましょう。
その上で、小学校低学年だから、、、という既成概念に捉われず、色々なことにチャレンジしてみよう!
特に、算数では数字を簡単にして、高学年でもやりそうな内容までやってみます。
洛南学舎オリジナルテキストを使って、学校の勉強、宿題だけが勉強でないことを知りましょう。

小4

週2コマの授業を中心に、算数国語理科の3教科の学習をスタートします。
宿題、授業、復習のリズムを定着させましょう。

小5

志望校を絞り込み始めましょう。
志望校に合わせて、クラスを選択し、必要に応じて個別指導も受講しましょう。
5年生からは五ッ木駸々堂模試を受け始めます。

「五ッ木駸々堂模試」って?

5・6年生が受験できる、関西では一番スタンダードな模擬試験です。3月から始まり年間で計7回のテストがあります。中学校の入試説明会などでも、五ッ木駸々堂模試の偏差値を使ってコースなどの説明をする学校もあります。
公式サイトはこちらをご覧ください。

小6春

志望校と五ッ木駸々堂の偏差値を考え合わせて、受講するコースを選択します。
いよいよ受験学年の学習をスタートさせます!

受講コース紹介

洛南学舎の6年生のコースは、週5日のSコース、週4日のE1コース(この2コースは土曜の五ッ木駸々堂対策演習あり)、週3日のE2コースが受験対応のコースです。
詳しくはコース説明もご覧下さい。

小6夏

小学校の学習範囲は全て終了します。
夏期講習をきっかけに、1日4~5時間の自習を定着させていきます。

夏期講習

6年生受験コースの生徒たちはほぼ毎日3コマの授業をこなしていきます。算数は毎日あります。
授業の前後に自習をくっつけて、かなりの長時間学習に耐えるチカラもこの時期に養います。
毎日連続して学習を進めていく中で、忘れる前にきちんと繰り返せば本当に分かる、出来るようになる、そういった経験も夏期講習期間に経験して欲しいです。

小6秋

志望校の入試問題演習をしっかりこなしていきます。
また、同レベルの学校の入試問題にも取り組み、幅の広い入試対策に取り組みます。

小6冬

暗記教科の総整理、既修範囲の「出来るはずの問題」をきちんと復習する。
受験本番に向けて体調を整えていきます。

受験当日

適度な緊張感を持って、いざ本番!
寒い時期なので、寒さ対策も万全に。

合格発表の後

中学の範囲の勉強をすぐに始めます。中学入試が終わっても、まだまだ勉強は続きます。
1月半ばから2月一杯は英語を中心に数学・国語の学習に取り組みます。
どこの中学に行くとしても、良いスタートが切れるよう準備します。

高校入試に向けて

中1

学校の成績だけでなく、模擬試験で成績を管理することを知りましょう。
英数を中心に先取り学習をすすめて、「学校のことは出来る」状態に早く慣れましょう。
公立高校や一部の私立高校の入試には1年生からの成績が必要なので、1年のうちは大丈夫と高を括らず、真面目に授業に取り組みましょう。

中2

洛南高校やスーパー公立を志望するなら、2年生のうちに一度中3までの全範囲を終わらせておきたいものです。
(※中3夏以降、駿台模試では中学生の範囲全てが試験範囲となります)

「駿台模試」って?

高校入試をする中学生にとって、一番難しい全国レベルの模擬試験です。高校入試のことだけを考えるならば、無駄に難しいかもしれません。
しかし、将来的に京都大学や大阪大学などの国公立大学入試を本気で視野に入れるなら、今からこのレベルの勉強に触れておきたい。その願いから洛南学舎では駿台模試を取り入れています。

中3春

夏休み前の成績が前期の成績に大きく影響します。油断せずにスタートダッシュを決めましょう!

中3夏

クラブ活動が終わって、本格的に受験勉強に取り組む人が増える時期。ここからは、頑張っているのは当たり前。
夏期講習では、授業の前後に自習をくっつけて、かなりの長時間学習に耐えるチカラもこの時期に養います。中学生の中には、本当に文字通り毎日23時まで自習室で頑張っている子もいます。毎日連続して学習を進めていく中で、忘れる前にきちんと繰り返せば本当に分かる、出来るようになる、そういった経験も夏期講習期間に経験して欲しいです。
高校の見学会、相談会などが夏休み前から行われています。志望校を決めかねている人は、気になる学校に早めに足を運んで雰囲気を感じてみるのもいいですね。

中3秋

模擬試験の成績、学校の内申点、そして本人の希望などを全て考え合わせ、個人面談などを経て志望校を決定します。
自分が受けると決めた学校の入試問題は赤本などを利用して過去5年分くらいはこなします。洛南学舎では、塾の内容以外の質問も随時大歓迎ですから、家庭教師をつけなくても大丈夫。たっぷり過去問演習ができます。

中3冬~春

夏期講習と少し違うのは、理科社会の暗記教科の整理にしっかり目に時間を割きます。勿論、英語数学国語もきちんと取り組みます。
志望校の最終決定をします。推薦入試をする場合は大体年内に出願をするので、日程の確認などはしっかりとしましょう。

無事に高校合格が決まったら、その日から高校の内容の勉強を開始します。例年、洛南学舎の中3生は二月半ばから高校準備クラスと公立中期入試対策クラスに分かれて学習を進めます。高校準備クラスで、受験勉強の勢いそのままに頑張る子の中には、春休み中に高1数学(Ⅰ・A)を一度終わらせる子もいます。
大学入試に向けての勉強が、中学卒業を前にしてもう始まっているのです。

TOP